FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボランティアの資格

ボランティア
volunteerの語の原義は志願兵であり、歴史的には騎士団や十字軍などの
宗教的意味を持つ団体にまで、さかのぼることができる。
語源はラテン語のVolo志願者である。
英語圏では、現在も本来の語義どおり、
志願兵あるいは義勇兵の意味でもこの語が使われている。
なお、ボランタリー(voluntary)とは自発的であるさまのことである。

無償ボランティアについて
ボランティアは被雇用者のように組織から強い拘束を受けず、
また自発性に基づく行動である為、
組織が強制してボランティアを動かすことは難しい。
また無償ボランティア活動に参加する者は、
通常、職場や家庭などで緊急の用件が発生した際は
本業を優先する。
無償ボランティアには、これらの特徴がある為、
会社組織とは異なるマネジメント手法が必要となる。

プロボラ
ボランティアには「素人集団」のイメージもあるが、
医師や教師、法律家をはじめ、
各分野の専門家がそれぞれの高度な技能を生かして
ボランティア活動を行うこともある。
こうした存在をプロフェッショナル・ボランティアと呼ぶ。

偽ボランティア
災害などが起こった時に自身をボランティアと称して
被災地に入り窃盗行為を行い、
被災者などから金品を得た上で救援活動を行う
偽ボランティアと呼ばれる者が存在する

日本独自の意味合い
動員・勧誘・強制を受けての活動への参加は、
本人の純粋な自由意志に基づかないので
ボランティアとは言えないが、日本では奉仕活動の同義語、
無償労働の意でボランティアという語を用いる場合もある。

ボランティアに求められる能力
(結論)
ボランティアに求められている能力は、
自給自足の才能と体力を兼ね備えていることが望ましい。
(理由)
持病なしの健康体で体力がある者。
かすり傷や骨折など自力で治療できる者で、
そのための医療品を持参できる人。
被災地では危険な場所が多く、移動や作業でケガをする可能性が高い。
さらにボランティアに参加する日数分の自分用食糧や
野宿用テントなどを持参するのが最低限のマナーになる。
被災地の物資を消費しない心構えが必要。
現地へ物資を届ける場合は、さらに物資を運べる体力が必要になる。
自動車で移動できる範囲は限られている。
避難所まで歩行で移動する体力も、兼ね備えていなければならない。

自称ボランティア
軽装でボランティアに参加すれば、被災地の足手まといにしかならない。
偽善者は被災地の避難所で住み込み、食糧も消費する。
例えば自衛隊の隊員が避難所に住み込んでいない。
また避難所の食糧を食べない。
ボランティアで参加している人が
避難所の空間と食糧を消費したら、支援ではなくなる。

心構え
目の前の家族や友人に、優しい言葉もかけられない人が
被災地の被災者に、何が言えるのだろうか?
手の届く人を助けることができなければ、
離れた人を助けることはできない。
自分の仕事をすることが経済の活性化につながり、
間接的に被災地の復興になる。
最前線で「人助け」をしたいと考える偽善者は、自己満足でしかない。
自給自足の才能と体力が、
ボランティアに参加できる資格と考えるべきだろう。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

リンク
カテゴリー
メールフォーム
問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
携帯電話のQRリーダーで読取ると このブログを携帯で閲覧できます。
QR
管理人

miz

Author:miz
性欲処理を目的とした画像作成

Blog GAME
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。